詳しいプロフィールはこちら
オススメ

転職活動をやる気にさせる映画『ターミナル』仕事はどこでも作れる!

どうも。もう少しで会社を辞めるポテト太郎です。

 

僕は今、転職活動真っ最中です。自分に何が向いているとか何を仕事にして生活していったらいいのかって正直わからないですよね。

 

しかもそういう悩みがありながらでもエントリーシートを書いたり面接を受けたりする必要があります。めちゃくちゃめんどくさい。。。

 

最初はいいですが、どれだけ頑張っても内定がもらえなければやる気もなくします。この記事ではそんな転職活動になかなかやる気が出せないあなたのためにやる気が出る映画をご紹介します。

 

その映画は『ターミナル』です。

メチャクチャ感動できるヒューマンドラマなんですが、今回は転職という視点で見ていきたいと思います。

そもそもあなたのやりたいことは何ですか。

転職をする時っていろんな企業のいろんな面を調査しますよね。例えば、給料はどれくらいなのかとか福利厚生はいいのかとか残業はあるのかとか。

 

確かにそういった労働条件を確認することは転職活動においては必要不可欠です。働いた対価がそれに見合ったものでなければモチベーションも上がりません。

 

でも僕はそれよりもまず第一に転職活動で外してはいけないことがあると思うんです。その会社は自分のやりたいことができる会社なのかということです。

 

いくら待遇面が良くて給料がめっちゃ高い会社であってもそれがあなたの本当にやりたいことではなかったら苦痛でしかないですよ。

 

会社に勤めたら人生の時間のほとんどを仕事に費やすことになりますよね。大体の企業は一日8時間労働ですから一日の3分の1は仕事をしている時間になります。

 

自分の限られた時間を使って仕事をするわけですから当然やりたくないことよりもやりたいことをやったほうが精神的に楽ですし、続けられますよね。

 

しかし、ここで問題になるのが自分のやりたいことは何なのか、そもそもやりたい仕事ってそんなになくない?という話です。

 

自分のやりたいことは申し訳ないですが頑張って見つけてください(笑)

 

職業適性診断とかありますけど向いている仕事=やりたい仕事とは限らないので適性診断はあくまで参考程度にするべきです。

 

ちなみに僕は適性診断であなたに向いている職業は警察官ですって出ました(笑)全くやりたいとも思わないので全然参考にしませんでしたけど。

 

あくまで自分が心の中でわくわくできるような仕事であればなんだっていいと思います。それが別に正社員だろうとバイトだろうと関係ありません。

 

あなたが転職活動にやる気を見いだせないでいるのもそもそもあなたのやりたいことが決まっていないからなのではないでしょうか。

 

世の中仕事はたくさんあるので、もしあなたの中でやりたいことが明確でないのであればとりあえず自分がやりたそうな仕事を片っ端から体験してみるというのも1つの戦略です。

 

そこから自分にあった仕事をとことん進んでい行けばよいのです。

仕事はいくらでもある

仕事はいくらでもあるんだということを教えてくれる映画があります。

 

その映画とは『ターミナル』です。スティーブン・スピルバーグ監督作品でトムハンクス主演のヒューマンドラマになります。

スピルバーグといえばなんとなくSF映画ばっかり作っている印象がありますけど『ターミナル』はSF映画ではありません。

 

人の温かさに触れられる作品なので一度は見てみることをオススメします。

 

映画のストーリーとしては、アメリカのとある空港でパスポートが無効になってしまい、入国も出国もできなくなってしまった男(トムハンクス)が空港内で生活する様子を描いています。

 

異国の地からなぜ大国アメリカに彼はやってきたのか最後の最後に秘密が明かされます。

 

お金も両替することができないので一文無しのまま生活する羽目になりますがそれでも空港の中で仕事を見つけてお金を稼いだり、食料を手に入れるシーンは大変面白いです。

 

この映画を見ると改めて仕事って自分で作るものなんだというのがわかりますし、だから仕事はいくらでもあるんだと思わせてくれます。

 

僕も『ターミナル』を見てからはプライドや世間体を気にする気持ちは捨てて行動できるようになりました。この映画の主人公がプライドを捨てて行動しているのにとても感動したからです。

 

ホントこの映画、超おススメです。

 

転職活動するときに必ず見ておいたほうが良い映画ですね。下手に就活!就活!っていう映画よりもこういう自然と仕事について考えられる映画も心に響きやすくて個人的には好きです。

人生やってみないとわからない

ここまで仕事についてわーわー言ってきましたがとにかくやりたいことに全力で向き合える人生が一番いいのでは?というのをお伝えしたかったです。

 

転職にやる気が出ないのもあなたが本当にやりたいことと向き合えていないからかもしれません。

 

僕は今度会社を辞めて営業の仕事をやろうと思っています。なぜなら営業の仕事をやってみたいからです。

 

営業能力って個人で活動するなら誰にでも必要になってくるスキルだと思うんですよね。

 

自分がどこまで成長できるのか楽しみですし、わくわくしています。そしてどんな人にでも気負いせずに自分の魅力を伝えられるような力を身につけれたら最高です。

 

わくわくを仕事にできるのであれば僕は何も怖くありません。僕が会社を辞める話はコチラに詳しく書いていますのでよかったら読んでみてください。

あわせて読みたい
映画のような人生を!世間体を気にしていた僕がついに仕事を辞める話どうも。ついに会社を辞める、ポテト太郎です。 今まで決められたレールを歩いてきた僕ですが、ついにそのレールから外れることにしました...

 


僕は現在、映画から人生に活かせることをメルマガ中心に発信しています。

メルマガ会員限定でカウンセリング、コンサルティングを行いながら
交流イベントを開催していたり
映画好きを集めたオンラインサロンのオーナーとしても活動したり
その傍らで複数メディアの運営なんかもしています。

また、4月から都内のネットラジオ局でラジオパーソナリティとしてレギュラー出演することが決まっています。

映画の鑑賞本数はおそらく1,000本は軽く超えていて
毎日呼吸するように映画を見ており
映画は僕の人生になくてはならない存在です。


そんな僕ですが、
昔は全く生きがいを感じていませんでした。

他人の人生を生き
出来の悪い自分を責め
要領のいい他人と自分を比べ、卑下し
毎日家と会社の往復で
毎日を疲弊しながら過ごしていました。

さらには付き合う相手を間違えて2回も悪徳ビジネスに引っかかりそうになったほど。

そんなどうしようもない僕を救ってくれたのがある一本の映画です。
その映画によって人生を変えたといっても過言ではありません。


映画を観ると多くの学びが得られます。

人生で本当に価値があること
人間力の高め方
自信をつける方法
友達の大切さ


ここに書いたのはほんの一部ですが、人生をより豊かにする方法は全て映画が教えてくれます。


僕のメルマガでは
自分の人生を生きることができていない人や
今を楽しめていない人に向けて
もっと自分らしく生きる方法について発信していいます。
もちろん、映画の素晴らしさとともに。

メルマガ登録はコチラからできます。
ポテト太郎の無料メルマガに登録してみる


このブログのコンセプトは「映画から人生を学ぶ」です。

僕はコンプレックスを解消して自由で行動的な人生を進み出しました。

そのきっかけは全部映画が与えてくれたんです。

もしあなたが悩みを抱えているのであればぜひこのブログを読んでほしいです。
ですが、実際どうやって映画が役つのかイメージしにくい方もいるかもしれません。

なので僕のプロフィールでは実際にどういう映画が人生に役立ったのか紹介しています。


ポテト太郎の物語はコチラから読めます。
二度もネズミ講に引っかかり、人間不信になった男が映画と友人に救われ、復活した物語