詳しいプロフィールはこちら
ドラマ

【ネタバレあり】「ルーム」の感想。子役の名前は?

原題:Room

ジャンル:ドラマ

公開年:2015年

監督: レニー・アブラハムソン

出演:ブリ―・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョアン・アレン、ジョーン・ブリジャース

◎第88回アカデミー賞

  • 主演女優賞 受賞
  • 作品賞 ノミネート
  • 監督賞 ノミネート
  • 脚色賞 ノミネート

◎第73回ゴールデングローブ賞

  • 最優秀主演女優賞 受賞
  • 最優秀作品賞 ノミネート
  • 最優秀脚本賞 ノミネート

作品紹介

引用(http://eiga.com/)

「ルーム」はアイルランド出身のエマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化した作品です。誘拐され、納屋に監禁された女性ジョイとそこで生まれ育った子供ジャックが外界に脱出し、社会に適合していこうとする過程を描いた作品です。

『監禁』という重いテーマを扱っており、また、経験したこともないのでどうしても他人ごとのように感じられるのですが、素晴らしい演技と素晴らしい映像によってあたかも同じ空間にいるような当事者意識を植えつけられます。

引用(http://eiga.com/)

暗い監禁部屋から解放されて、これまで通りの生活が送れるはず、、、でしたが空白の時間があまりにも長く、ジョイの周りの環境は大きく変わってしまっていたのです。

歓喜の脱出劇に加熱する民衆やマスコミの影響も相まってジョイの心の整理はなかなかつきません。それを見つめるジャックは何を思うのか、ジャックが少しずつ大人になっていく姿に多くのことを感じるのではないでしょうか。

これぞまさに映画

この作品のいいところは脚本と撮影と音楽が完璧にマッチしている点にあると思います。

撮影の仕方ひとつとっても”感情”をうまく表現できているなぁと感じました。
撮影は基本ジャックを中心に映しており、彼の心理描写が映像に反映されるといったつくりになっています。

たとえば”部屋”にいるとき、ジョイと二人きりの世界にいるときは非常に接写です。
そして、外の世界に出て、新しいものに触れているときは広く背景を使った映像を使用しています。

視聴者が無意識にジャックの心の中に入り込めるような工夫がされていると感じました。
これこそまさに小説だけでは感じることのできない奥行きなのではないでしょうか。

引用(http://eiga.com/)

終わった後の虚無感

観た直後の感想は”無”でしたね。
しばらくしてから何とも言えない”寂しさ”が押し寄せてきます。

引用(http://eiga.com/)

ジャックはジョイが監禁されているときに乱暴されてできた子供なので
存在だけで周りの大人は誘拐犯のことや事件のことを思い出してしまいます。
それもあってジャックを見つめる大人のまなざしはどこかぎこちないんですよ。

でもジャックはまだ5歳なんです。自分が大人を傷つけているなんてわかってないんです。ましてや自分が望まれずに生まれてきたことすらもわかっていないのです。
それがまた悲しいというか切ないというか、、、

そのあたりも注目してみると映画をより楽しめるかもしれません。

主演のブリ―・ラーソンとジェイコブ・トレンブレイの二人は素晴らしい信頼関係を築いたと思います。でなければあそこまで自然な親子は演じることができないのではないでしょうか。

『ルーム』は賞レースの多くの部門でノミネートされた作品です。一見の価値アリ!なのでぜひ見てみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


僕は現在、映画から人生に活かせることをメルマガ中心に発信しています。

メルマガ会員限定でカウンセリング、コンサルティングを行いながら
交流イベントを開催していたり
映画好きを集めたオンラインサロンのオーナーとしても活動したり
その傍らで複数メディアの運営なんかもしています。

また、4月から都内のネットラジオ局でラジオパーソナリティとしてレギュラー出演することが決まっています。

映画の鑑賞本数はおそらく1,000本は軽く超えていて
毎日呼吸するように映画を見ており
映画は僕の人生になくてはならない存在です。


そんな僕ですが、
昔は全く生きがいを感じていませんでした。

他人の人生を生き
出来の悪い自分を責め
要領のいい他人と自分を比べ、卑下し
毎日家と会社の往復で
毎日を疲弊しながら過ごしていました。

さらには付き合う相手を間違えて2回も悪徳ビジネスに引っかかりそうになったほど。

そんなどうしようもない僕を救ってくれたのがある一本の映画です。
その映画によって人生を変えたといっても過言ではありません。


映画を観ると多くの学びが得られます。

人生で本当に価値があること
人間力の高め方
自信をつける方法
友達の大切さ


ここに書いたのはほんの一部ですが、人生をより豊かにする方法は全て映画が教えてくれます。


僕のメルマガでは
自分の人生を生きることができていない人や
今を楽しめていない人に向けて
もっと自分らしく生きる方法について発信していいます。
もちろん、映画の素晴らしさとともに。

メルマガ登録はコチラからできます。
ポテト太郎の無料メルマガに登録してみる


このブログのコンセプトは「映画から人生を学ぶ」です。

僕はコンプレックスを解消して自由で行動的な人生を進み出しました。

そのきっかけは全部映画が与えてくれたんです。

もしあなたが悩みを抱えているのであればぜひこのブログを読んでほしいです。
ですが、実際どうやって映画が役つのかイメージしにくい方もいるかもしれません。

なので僕のプロフィールでは実際にどういう映画が人生に役立ったのか紹介しています。


ポテト太郎の物語はコチラから読めます。
二度もネズミ講に引っかかり、人間不信になった男が映画と友人に救われ、復活した物語