詳しいプロフィールはこちら
映画×人生

人生初のヒッチハイクで乗せてもらった人に映画をオススメしてきた話

どうも。ポテトです。

 

今日は僕が人生で初めてヒッチハイクをした話をしたいと思います。僕自身かなりノリで生きている人間なのでヒッチハイクをやると決まったのもノリの部分が多いです(笑)

 

ヒッチハイクってやったことない人にとっては恐れ多いというかめっちゃ勇気のいることやってんなぁと思うかもしれませんが、そうです。本当に勇気が必要です。

 

どうしてそこまでヒッチハイクをしたかったのかというと色んな人に出会って色んな話をしたいと思ったからです。

 

今ってどうしても普通に生活してたら見ず知らずの人に話しかけるなんてできないじゃないですか。なんか目的もなしに話しかけるのも失礼だし、お茶しませんか?なんて言ったらただのナンパだし。

 

でもヒッチハイクなら明確に車に乗せてほしいという目的があって、それも相手はわかっているのである意味自然にいろんな人に出会えるというわけです。

 

ここまで簡単にまとめていますがヒッチハイクはやってみるとめちゃくちゃ大変です。たどり着ける自信がなくなって途中で何度も諦めそうになりました。

 

でも目的地にたどり着いた時の達成感は今でも忘れられません。

 

この記事ではヒッチハイクを通して感じたことや映画ブロガーとして乗せてくれた方にオススメ映画を紹介してきた話をお伝えしたいと思います。

ヒッチハイクで東京・名古屋を往復

今回のヒッチハイクでは東京から名古屋を往復してきました。もちろんヒッチハイクなのでかかったお金は0円です。

 

普通に新幹線を使ったら2万円以上するのでかなりお得です(笑)

 

その分、時間はものすごいかかっていますが、いい人生経験になったと思います。

 

でも実をいうと、1人でヒッチハイクをやったわけではなく友達とやりました。ここは甘えですが、お許しください。たまたま出発時間と目的地が一緒だったということにしておきましょう(笑)

 

そもそもなぜ東京から名古屋まで行ったのかお伝えしてませんでしたね。実は僕が所属しているオンラインサロンが名古屋でオフ会をするということで参加しに行ってきたわけです。

 

一緒にヒッチハイクをした友達もオフ会参加の人たちです。オフ会自体は楽しかったのですが、ぶっちゃけてしまえば僕はヒッチハイクで名古屋まで行く!というのが目的でした。

 

それくらい理由をつけてまでヒッチハイクをやってみたかったんです。

東京→名古屋(出発)

東京から名古屋は比較的簡単にいくことができました。

 

実際のルートとしては

用賀のマック→海老名SA(サービスエリア)→静岡のPA(パーキングエリア)→名古屋駅 [6時間]

こんな感じでした。

 

かなりテンポよく進めたのでほぼ高速バスと変わらない速さで着くことができました。ビギナーズラックってやつですね。

 

用賀のマックはヒッチハイカーにとっての聖地と呼ばれているらしく、僕ら以外にも3,4人がスケッチブックを掲げて車を呼び込んでいました。

 

僕らも同じようにスケッチブックを掲げてスタートすることわずか15分でご老夫婦に乗せてもらいました。

 

人生初ヒッチがスタートした瞬間です。しかし、ここに至るまでかなり心をやられましたね。

 

昔から人に注目されるのが苦手で学校でも手を挙げることにちゅうちょしていたのでスケッチブックをあげるだけでもかなりしんどかったです。

 

ドライバーの方々はこっちを見てはくれるのですが、基本無視です。それがかなりつらかった。。。気持ちを切り替えるのに必死でした。

 

海老名SAについてからは道行く人に声をかけていたらわずか開始5分で静岡まで行くという方に遭遇。

 

メチャクチャ運がよかったです。あとから聞いた話だとヒッチハイクで一番大変なのは下道から高速に乗るまでで、あとは降りるSAだけ気を付ければスムーズなんだそうです。

 

その言葉通り、次に降りたPAでもわずか声掛け1人目で名古屋まで連れて行ってくる方と遭遇。

 

なんだ!ヒッチハイクって楽勝じゃん!

 

乗せてくれたのはゼネコン会社の社長さんでたまたま名古屋に行く途中だったそうです。そして無事に名古屋駅まで着くことができたのでした。

 

(ケツの青いポテト氏はまだこの時ヒッチハイクの本当の恐ろしさを知る由もありません。)

名古屋→東京(帰り)

名古屋でのオフ会を終えた僕は東京へ帰るという友達と一緒にヒッチハイクをする計画を立てていました。

 

名古屋駅の近くにたまたま高速に入っていけそうな道があったのでその手前で静岡方面を目指してる車を捕まえることに。

 

用賀のマックとおんなじ要領でスケッチブックを掲げて車にアピールしていましたが10分経っても30分経っても全く車は捕まりませんでした。

 

しかも名古屋駅が目の前なので人がめっちゃ通る。。。

 

穴があったら入りたい思いを我慢しながら続けていましたが2時間くらいたってようやく場所が悪いということに気づき、移動をします。

 

そして、この移動がさらなる悲劇を呼んだのでした。

 

どこへ行ったらいいのか全くわからなかったのです。「名古屋 ヒッチハイク」でネットで調べても近場でヒッチハイクできそうなところが全然ヒットしない。

 

仕方がないので勘を頼りに移動してみることに。。。

 

結果的に言うとこの移動だけで4時間も経過してしまいました。何やってんねん!!!

 

11時過ぎに始めたヒッチハイクでしたが午後5時を過ぎてもまだ名古屋から出れていなかったのです。

 

完全に失敗しました。何が失敗したのかといえば、リサーチをです。

 

ネットという最強の情報検索ツールがありながらそれに逆らって自己流でやってしまったがためにとんでもない事態を巻き起こしてしまったのです。

 

そして、ほとんど暗くなってしまった名古屋のSAでスケッチブックを天高く掲げていました。

 

電灯の明かりに照らされる自分自身が情けなく見え、泣きそうになっていたその時、奇跡的に埼玉まで行くというお兄さんに乗っけてもらえました。

 

この時の感動は生涯忘れることがないと思います。まさに神に出会ったかのように嬉しさがこみ上げました。

 

そして、途中のPAで降ろしてもらい、すぐに東京都内に行く人を捕まえて無事に東京まで戻ってくることができました。(ぱちぱち)

 

ルートとしては

名古屋市内→名古屋のSA→厚木PA→武蔵小金井駅 [12時間]

こんな感じでした。いやぁ12時間かかりました。大変でしたがその分得るものも大きかったです。

感動的な出会いをたくさんした

とにかくヒッチハイクでは人との出会いが嬉しいです。

 

偶然ヒッチハイクをしていた場所にその人の車が通ってたまたまスケッチブックを見て乗せてくれるというびっくりするほど奇跡的な出会いですよね。

 

そういった感動体験を最近していないという方にはヒッチハイクはオススメですね。あと、お金はないけど時間はあるという方にもオススメです。

感謝の気持ちを込めて映画を紹介した

名古屋から東京へ帰るのに12時間かかってしまいましたが、感動も比例して大きかったです。

 

そして、今回の旅の締めくくりとして、最後に乗せてくださった方にオススメの映画を紹介してきました。映画ブロガーとしてできることはこれくらいですね。

 

その方は都内で自動車整備工として働いている方でとても車好きな方でした。

 

休みの日はサーキット場でドリフトをして楽しんでいるんだとか。普段から車をいじるのが好きで、好きなことを仕事にできていることに誇りを持っていらっしゃいました。

 

しかし、職場の労働環境は悪く、10年くらい勤めた(たぶん)会社で一度も有休を使ったことがないということでした。つまり、土日や祝日以外は仕事三昧だと。

 

そして、サービス残業は当たり前の世界みたいです。僕は聞いていてつらくなりました。こんなに誠実そうで素敵な方なのに仕事に対してつらい思いをされているのだと。

 

この人の話をきいて真っ先に教えてあげたいと思ったのが『プーと大人になった僕』です。

 

この映画は今の仕事優先社会に異を唱える映画なんです。

 

クマのプーさんと大人になったクリストファーロビンの友情が美しくて思わず涙が出ること間違いなしです。

 

この映画を彼に紹介しました。その後彼がこの映画を見てくれたのかはわかりませんが、何かしら事態が好転することを願うばかりです。

映画で人生って変わる

今となってはヒッチハイクに挑戦してみたり、仕事を辞めて自分でビジネスを立ち上げていこうと行動的に生きれるようになってきましたが、昔の僕は全くそんな感じではありませんでした。

 

高校や大学時代の友達に今会っても大部分の人とは話が合いません。誰も自分の人生を生きようとしていないからです。

 

常識という名のルールに沿ってみんな生きているのです。

 

これを読んでいるあなたももしかしたらやりたくないことや全くわくわくできないようなことに時間を使う人生を送っているのかもしれません。

 

たしかにそうやって生きるほうが楽です。人から言われたことに従えば評価されるのですから。現実的に考えたら安定を選んだほうがいいに決まってますよね。

 

でも、ほんとうにそれでいいのでしょうか。あなたの人生は一度きりしかないのです。

 

もう何十年後にはこの世にいないかもしれませんし、その時後悔してももう遅いですよ。

 

だったらもっと自分のやりたいように生きてみませんか?今あなたのやりたいことに今やることに価値があると思いませんか?

 

諦めてた夢をもう一度目指してみませんか?僕はやりたいことをやっている人生の方が毎日会社に行くのがめんどくさくて憂鬱になるより1億倍マシだと思ってます。

 

行動を変えましょう。そのために思考を変えましょう。

 

僕は映画で人生を変えてきました。映画との運命的な出会いをしたおかげで自由で行動的な人生を手に入れつつあるのです。

 

そのあたりの体験も含めてこのブログでは紹介していくつもりです。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。きっとあなたの生き方のヒントになるはずです。

>>>人生どん底だった僕が映画によって救われた話

 

それではこの辺で失礼いたします。

 


僕は現在、映画から人生に活かせることをメルマガ中心に発信しています。

メルマガ会員限定でカウンセリング、コンサルティングを行いながら
交流イベントを開催していたり
映画好きを集めたオンラインサロンのオーナーとしても活動したり
その傍らで複数メディアの運営なんかもしています。

また、4月から都内のネットラジオ局でラジオパーソナリティとしてレギュラー出演することが決まっています。

映画の鑑賞本数はおそらく1,000本は軽く超えていて
毎日呼吸するように映画を見ており
映画は僕の人生になくてはならない存在です。


そんな僕ですが、
昔は全く生きがいを感じていませんでした。

他人の人生を生き
出来の悪い自分を責め
要領のいい他人と自分を比べ、卑下し
毎日家と会社の往復で
毎日を疲弊しながら過ごしていました。

さらには付き合う相手を間違えて2回も悪徳ビジネスに引っかかりそうになったほど。

そんなどうしようもない僕を救ってくれたのがある一本の映画です。
その映画によって人生を変えたといっても過言ではありません。


映画を観ると多くの学びが得られます。

人生で本当に価値があること
人間力の高め方
自信をつける方法
友達の大切さ


ここに書いたのはほんの一部ですが、人生をより豊かにする方法は全て映画が教えてくれます。


僕のメルマガでは
自分の人生を生きることができていない人や
今を楽しめていない人に向けて
もっと自分らしく生きる方法について発信していいます。
もちろん、映画の素晴らしさとともに。

メルマガ登録はコチラからできます。
ポテト太郎の無料メルマガに登録してみる


このブログのコンセプトは「映画から人生を学ぶ」です。

僕はコンプレックスを解消して自由で行動的な人生を進み出しました。

そのきっかけは全部映画が与えてくれたんです。

もしあなたが悩みを抱えているのであればぜひこのブログを読んでほしいです。
ですが、実際どうやって映画が役つのかイメージしにくい方もいるかもしれません。

なので僕のプロフィールでは実際にどういう映画が人生に役立ったのか紹介しています。


ポテト太郎の物語はコチラから読めます。
二度もネズミ講に引っかかり、人間不信になった男が映画と友人に救われ、復活した物語