詳しいプロフィールはこちら
映画×人生

自分を責めないで前を向いて生きることの大切さを映画が教えてくれた

こんにちは。ポテトです。

 

今回は過去に僕が経験した失敗とそれから立ち直った話をしようと思います。今でもたまに自分を責めてしまうことがありますが、以前よりも自分を許しながら進めています。

 

映画から学べることは本当に多いのでいろんな人に教材としての映画のすばらしさを知ってほしいですし、この記事が少しでもあなたの人生の参考になれば嬉しいです。

過去の失敗を引きずってしまっていた

僕が高校生だった時の話なんですが、人生初のモテ期が到来したんですよ。

 

モテ期って人生に3回しかないっていうので高校時代にモテ期が来るってめちゃくちゃラッキーだと思ってました。

 

今でも高校の友達間で伝説なんですが、同時に2人の女性から好意を持ってもらえるというミラクルな出来事が起きたんです。中学時代からの知り合いに何でお前がそんなにモテるのかわからないといわれたほど。

 

1人は普段から仲が良かったクラスの女の子(A子ちゃん)で、もう1人は学年でもトップクラスに可愛い女の子(B子ちゃん)でした。(ちなみに僕はブス男です。)

 

こんなことってなかなかないですよね。生きててこんなにうれしいことがあるのかと浮かれていましたし、たぶんこれからもそんなことは起きないでしょう。

 

まさかのモテ期、しかもミラクル的な状況に当時のポテト君は調子に乗っていました。今思えば本当にイモ野郎です。

 

結果的には順番にどちらとも付き合うことになるのですが、この選択がそもそもクソでした。どちらの子も傷つけてしまう結果になってしまうのですから。

 

そんなことも知らないポテト君は人生最高の瞬間を迎え、戸惑っていました。学年でもトップクラスにかわいいB子ちゃんと付き合えるなんて。

 

しかし、付き合えたはいいものの何をしたらいいのか全く分かりませんでした。

 

とりあえず一緒に下校する程度。それ以外は何もできませんでした。もちろん、それまでつまらない人生を生きていた僕には話題なんて数える程度しかありません。

 

付き合いたての熱も1か月もすれば冷めていき、一緒にいるのが苦痛でしょうがなくなりました。

 

目に見えてB子ちゃんもあきれた様子で、毎日していたメールも返信が全く返ってこなくなりました。そしてそんな空気に耐え切れなくなり、空白の2か月を経て、破局。

 

それで止まればよかったのに、何を血迷ったのかポテト君は寂しさを埋めるように元々仲が良かったA子ちゃんに近づいて行ったのです。

 

弱い男です。もっと自分を見てほしいと焦ったばかりに周りが全く見えてなかったんですね。

 

A子ちゃんにもすぐフラれました。その時の一言が「なんか違った。」今でも不意に思い出してしまうことがあってつらいです。

 

恋愛で大失敗した僕は高校を卒業する頃には完全にトラウマを背負ってしまい、何をするにも失敗することを恐れるような人間になってしまっていました。

 

だから否定されるのが怖くていつもマイナスなことしか言わない、すみませんしか言えない性格になってしまったのです。

可能性をつぶしていたのは自分だった

高校を卒業してからはとにかく卑屈な人生でした。新しいことを始めようとしても失敗が怖くて何もできず、嫌われるのが怖いから友達との距離を置く根暗っぷり。

 

もちろん彼女なんてできません。というか彼女なんて作らないことを誓っていました。どうせすぐ別れてしまうだろうと。

 

周りから見れば根暗で何考えているかわかんないやつに見えてたと思います。それくらいどん底にいました。

映画を見て自分を許してあげる勇気を持てた

よく映画を見ていた僕はある日、ツタヤで『グッドウィルハンティング』という映画を借ります。この映画が過去の自分を許せるきっかけになりました。今でも感謝してます

 

この映画は天才的な頭脳を持ちながら非行を繰り返す青年ウィルが主人公です。ウィルは天才だということが理由で幼い頃に親から虐待を受けます。

 

それ以来、自分の才能を責めるようになってしまい、過去の出来事が原因で自分の可能性を否定するような生き方を続けていたんです。

 

それが僕の過去と重なりました。過去の出来事が原因で未来に希望を持てなくなっているという点が。

 

たしかに僕は過去に大きな過ちを犯しました。でも過去にとらわれすぎていてはいけないと思ったんです。そして、自分の過去を許すことも時には必要だと。

未来はこれから作っていくもの

未来はどんな人にも平等に訪れます。生きる希望や夢を持って生きていればきっといいことがあります。

 

僕は映画に出会い、どうしようもない自分から前向きな自分に変わることができました。過去を反省することは大事ですがとらわれ過ぎてもいけません。

 

やらかしてしまったなら二度と同じことをやらかさないようにすればいいだけです。みんな失敗しながら生きているのだから失敗することを恐れてはいけない。そのことを『グッドウィルハンティング』は教えてくれました。

映画から学んだことをメルマガにて配信してます

こんな感じで僕は過去に何度もどん底な気持ちを味わってきました。でもそのたびに映画が僕を救ってくれたのです。

 

映画ってただの娯楽と思う方もいるかもしれませんが僕にとっては娯楽でもあり、生きる道を示してくれるバイブルでもあるのです。

 

そして、映画から学んだ教訓や生かした経験をメルマガにて絶賛発信中です。そしてももしつらいことがあって悩んでいたり、泣きたくなった時にはこんなやつがいたなと思いだしていただけると幸いです。>>>メルマガを読んでみる

 


僕は現在、映画から人生に活かせることをメルマガ中心に発信しています。

メルマガ会員限定でカウンセリング、コンサルティングを行いながら
交流イベントを開催していたり
映画好きを集めたオンラインサロンのオーナーとしても活動したり
その傍らで複数メディアの運営なんかもしています。

また、4月から都内のネットラジオ局でラジオパーソナリティとしてレギュラー出演することが決まっています。

映画の鑑賞本数はおそらく1,000本は軽く超えていて
毎日呼吸するように映画を見ており
映画は僕の人生になくてはならない存在です。


そんな僕ですが、
昔は全く生きがいを感じていませんでした。

他人の人生を生き
出来の悪い自分を責め
要領のいい他人と自分を比べ、卑下し
毎日家と会社の往復で
毎日を疲弊しながら過ごしていました。

さらには付き合う相手を間違えて2回も悪徳ビジネスに引っかかりそうになったほど。

そんなどうしようもない僕を救ってくれたのがある一本の映画です。
その映画によって人生を変えたといっても過言ではありません。


映画を観ると多くの学びが得られます。

人生で本当に価値があること
人間力の高め方
自信をつける方法
友達の大切さ


ここに書いたのはほんの一部ですが、人生をより豊かにする方法は全て映画が教えてくれます。


僕のメルマガでは
自分の人生を生きることができていない人や
今を楽しめていない人に向けて
もっと自分らしく生きる方法について発信していいます。
もちろん、映画の素晴らしさとともに。

メルマガ登録はコチラからできます。
ポテト太郎の無料メルマガに登録してみる


このブログのコンセプトは「映画から人生を学ぶ」です。

僕はコンプレックスを解消して自由で行動的な人生を進み出しました。

そのきっかけは全部映画が与えてくれたんです。

もしあなたが悩みを抱えているのであればぜひこのブログを読んでほしいです。
ですが、実際どうやって映画が役つのかイメージしにくい方もいるかもしれません。

なので僕のプロフィールでは実際にどういう映画が人生に役立ったのか紹介しています。


ポテト太郎の物語はコチラから読めます。
二度もネズミ講に引っかかり、人間不信になった男が映画と友人に救われ、復活した物語