詳しいプロフィールはこちら
ドラマ

怖いのが苦手な僕がオススメする、この夏に観るべきホラー映画『It イット 』

こんにちは。お化け屋敷に入れないポテト太郎です。

突然ですが、あなたは夏を最も涼しく過ごす方法って何かご存知ですか?

 

そうです。ホラー映画鑑賞です!

 

他の納涼手段としてお化け屋敷とか肝試しがありますよね。それもいいんですが、お化け屋敷はお金もかかるし、肝試しは今どき古いです。(好きな人いたらごめんなさい)

 

今年の夏はレンタルや動画配信サービスを使ってホラー映画を観て涼しく過ごしましょう。

 

今回は2017年話題になった『It イット “それ”が見えたら。終わり。』についての紹介します。

 

僕自身ホラー系が大の苦手でして、お化け屋敷なんかは入れないタイプの人間です(笑)

 

ちょっと勇気が必要だったんですが、映画ブログをやっている以上ホラー映画も好きにならなきゃと思って今回は人気の『It イット』に挑戦してみました。

ネタバレなしでお伝えしたいと思いますのでどうぞ!

CINEMAN的評価:★★★☆☆

こんな人におすすめ

引用(https://eiga.com/movie/86213/)

この映画は非常にホラー映画初心者向けです。

 

正直な感想としてあまり怖くないです。CMや予告編を観るとめちゃくちゃ怖そうですが、耐えれる怖さでした。

 

ただ、サウンドエフェクトなどで驚かす(ジャンプスケアっていうみたいです)タイプの表現技法を用いたホラー映画で、無音の場面から急に鋭い音で揺さぶってきます。

 

古典的なやり口で驚かしてくるのでそういう安い手法が嫌いな方や心臓が弱い方は観ない方がいいかもしれません。

 

ホラー映画入門としてはおススメできる作品です。

あらすじ紹介など

引用(https://eiga.com/movie/86213/)

静かな田舎町で児童失踪事件が相次いで発生します。ある日、内気な少年ビルの弟が事件に巻き込まれ、姿を消してしまいます。

 

責任を感じ、悲しみに暮れるビルの目の前に“それ”は現れます。時同じくして彼の友人たちも“それ”に遭遇していました。

 

“それ”の秘密を共有した彼らは事件解決に向けて勇気を振り絞り、“それ”に立ち向かうことを決意するのでした。

 

It イット “それ”が見えたら、終わり。』はスティーブン・キング原作のホラー小説で、1990年に一度アメリカで映画化されています。

 

原作は前半が幼少時代、後半が大人になった現代を描いており、今回の映画は前半部を映画化しています。

 

この映画ではピエロのペニーワイズが登場し、子供たちを対象に悪さをします。基本、ピエロの格好をしていますがそれは仮の姿で自由に姿を変えることが可能らしい。

 

人が一番恐怖に感じている物体に化けてその時抱いた恐れを捕食しているようです。

 

これ以上はネタバレになりそうなので控えます。笑

この映画を観た感想

引用(https://eiga.com/movie/86213/)

この映画を一言で表すと青春ホラー系映画です。

80年代の名作『スタンドバイミー』にちょっとホラー要素を加えたような作品でした。子供達の成長物語であったりラブロマンス要素を含んでいたりしたので観ている途中でホラー映画だということを忘れてしまいます。

 

子役も全体的に演技力があり、怖がっている演技が抜群にうまいです。

特にペニーワイズが潜んでいる館へみんなで突入していく場面でパニックになるシーンはうまく表現されています。

 

子役の中でも紅一点のマドンナ、ベハリーを演じるソフィア・リリスが個人的に一番好きでした。

 

役どころは親に虐待されていて同級生からも変な噂を立てられる不幸なキャラクターなんですが、優しくて面倒見のいい子という印象でしたね。なによりかわいいです。

もし同じ小学校にベハリーがいたら確実に好きになってます(笑)

 

ストーリーはシンプルだけどサスペンス要素もあって時間が経つのを忘れるほど面白いです。いじめられっ子で冴えない少年たちを見ると昔の自分を思い出して懐かしい気持ちになりますし、ほっこりします。

 

肝心のホラー部分は全体的に昼間のシーンも多かったので恐怖が半減されましたね。強いて怖かったシーンを挙げるとすると洗面所から血が吹き出るシーンがあるのですが、割と怖かったです。

 

せっかくですので映画を観てて不満に思った点もお伝えしようと思います。

 

原作をなるべく忠実に再現したかったのか不自然に感じることがありました。上級生のいじめっ子が4人ほど登場するんですが、そのうちの1人が尋常ではないくらい狂気じみており、まるで殺人鬼です。

 

ナイフでおデブちゃんのお腹に掘ろうとするシーンがあるのですが、あまりにも狂気過ぎてさすがにやりすぎだろとつっこみたくなりました。恐怖の対象はペニーワイズだけに絞った方が良かったのではないでしょうか。

まとめ

GOOD

  • 青春映画+ホラー要素
  • 少年時代を思い出す
  • ヒロインが好き

BAD

  • 奇声、サウンドエフェクトがうるさい
  • いじめっ子が邪魔

 

僕自身ホラー初心者なので怖いのが苦手ですが、『It』は程よく観れました。2019年には大人編として『IT: Chapter 2』が公開されるみたいなのでぜひ見ておくことをオススメします。

CINEMAN的評価:★★★★☆☆

作品情報

原題:It

ジャンル:ホラー

公開年:2017年

監督:アンディ・ムスキエティ

出演:ジェイデン・リーベラー、ビル・スカルスガルド、ウィン・ウルフバード、ジャック・グレイディレイザー、ソフィア・リリス

上映時間: 135分

引用(https://www.youtube.com/watch?v=FnCdOQsX5kc)

引用(https://eiga.com/movie/86213/)

 


僕は現在、映画から人生に活かせることをメルマガ中心に発信しています。

メルマガ会員限定でカウンセリング、コンサルティングを行いながら
交流イベントを開催していたり
映画好きを集めたオンラインサロンのオーナーとしても活動したり
その傍らで複数メディアの運営なんかもしています。

また、4月から都内のネットラジオ局でラジオパーソナリティとしてレギュラー出演することが決まっています。

映画の鑑賞本数はおそらく1,000本は軽く超えていて
毎日呼吸するように映画を見ており
映画は僕の人生になくてはならない存在です。


そんな僕ですが、
昔は全く生きがいを感じていませんでした。

他人の人生を生き
出来の悪い自分を責め
要領のいい他人と自分を比べ、卑下し
毎日家と会社の往復で
毎日を疲弊しながら過ごしていました。

さらには付き合う相手を間違えて2回も悪徳ビジネスに引っかかりそうになったほど。

そんなどうしようもない僕を救ってくれたのがある一本の映画です。
その映画によって人生を変えたといっても過言ではありません。


映画を観ると多くの学びが得られます。

人生で本当に価値があること
人間力の高め方
自信をつける方法
友達の大切さ


ここに書いたのはほんの一部ですが、人生をより豊かにする方法は全て映画が教えてくれます。


僕のメルマガでは
自分の人生を生きることができていない人や
今を楽しめていない人に向けて
もっと自分らしく生きる方法について発信していいます。
もちろん、映画の素晴らしさとともに。

メルマガ登録はコチラからできます。
ポテト太郎の無料メルマガに登録してみる


このブログのコンセプトは「映画から人生を学ぶ」です。

僕はコンプレックスを解消して自由で行動的な人生を進み出しました。

そのきっかけは全部映画が与えてくれたんです。

もしあなたが悩みを抱えているのであればぜひこのブログを読んでほしいです。
ですが、実際どうやって映画が役つのかイメージしにくい方もいるかもしれません。

なので僕のプロフィールでは実際にどういう映画が人生に役立ったのか紹介しています。


ポテト太郎の物語はコチラから読めます。
二度もネズミ講に引っかかり、人間不信になった男が映画と友人に救われ、復活した物語