詳しいプロフィールはこちら
映画×楽しむ

映画賞って何?今さら聞けない!有名映画賞一覧とその違いをまとめてみた

こんにちは。ポテト太郎です。

よく、新作映画のCMやポスターとかで〇〇賞◇◇部門受賞作品とか“××賞ノミネート作品とかいう宣伝文句ありますよね。

「へぇー」とは思うけど実際こんな風に感じていませんか?

あなた

アカデミー賞ぐらいは知っているけどそのほかの映画賞はよくわからない

とか

あなた

なんとなくすごいんだろうけど何がすごいの?

とか

あなた

てか映画賞って多すぎん?

などなど

こんな感じの疑問をもつことも多いでしょう。

 

でも今さら「ねぇねぇ、アカデミー賞って何?おいしいの?」とか聞けないじゃないですか。恥ずかしい!

 

そんな聞くに聞けないあなたに向けて今回は数ある映画賞の中から主要な映画賞を厳選してご紹介します。

 

映画賞って何ぞやの部分について自称映画通のわたくしポテト太郎が徹底解説していこうと思います。

 

この記事を読めばきっと彼女や友人にうんちくを披露できること間違いなしです。

そもそも映画賞とは

映画賞ってどんな賞?

映画作品の文化的・芸術的価値や映画製作関係者の業績を称揚するために,作品や関係者に与えられる賞

引用:コトバンク

つまり、いい映画やその製作者の栄誉を称える賞なわけですね。

 

映画賞にもいろんな種類があり、主催国が違ったり、開催の歴史的背景や選考する団体によって選考観点が違ったりします。

 

そして各映画賞はいくつかの部門に分かれており、各部門ごとにノミネートされた作品から受賞作品を選定するという選考手法がとられています。

ポテト太郎

ノミネートも受賞作品も全部投票で決まるらしいっす

ノミネート条件も映画賞によって様々ですが、アカデミー賞を例に説明するとこんな感じです。

アカデミー賞の作品ノミネート条件

ロサンゼルス郡内の映画館で連続7日以上の期間、有料で公開された40分以上の長さの作品で、劇場公開以前にテレビ放送、ネット配信、ビデオ発売などで公開されている作品を除く

引用:Wikipedia

ポテト太郎

こ、こまけぇ

アカデミー賞は特に権威ある映画賞なのでルールが厳しいのかもしれませんが、基本的に前年公開の映画である特定の地域の映画館で放映されていた映画がノミネート対象となります。

 

映画賞は大きく分けて3つの種類があります。1つずつ紹介していきましょう。

①マスメディア・批評家・観客が選出する賞

新聞記者や映画評論家や一般の映画ファンが会員となって授与する映画賞。主に監督や俳優の功績を称える賞が多いです。

②映画製作関係者が選出する賞

業界関係者からの投票で授与される映画賞。選定対象は主に撮影や録音、音楽、美術、編集など映画に携わったスタッフ全般です。有名なアカデミー賞はここに含まれます。

③映画祭に設けられている賞

 期間限定で開催される映画関連のイベントにて一般公募された作品を審査し、授与される賞。主に作品や監督に与えられる賞がほとんどです。

受賞したらどうなるの?その影響は?

まず前提として知っていただきたいことは映画の成功=興行収入を多く上げることです。

 

アカデミー賞などの映画賞は毎年限られた枠の中で受賞作品が選ばれます。当然、受賞したりノミネートされると作品としての出来のよさを保証することになり、観客の動員数も上がります。

 

つまり、映画賞を受賞すると映画としての評価が上がり、興行収入がアップするんです!

 

実際の例を紹介しましょう。

 

2009年にアカデミー賞で作品賞を受賞したダニー・ボイル監督のボリウッド映画『スラムドッグ$ミリオネア』は受賞前と受賞後で約2,400万ドルの興行収入がアップしました。

 

また、2005年のアカデミー賞で作品賞を受賞したクリントイーストウッド監督作品の『ミリオンダラー・ベイビー』に限っては3,500万ドルから1o億ドルまでアップしました。その差日本円にして約965億円!

 

ポテト太郎

アカデミー賞効果ハンパないってぇ

 

続いて、有名な映画賞と映画祭を紹介していきます。

有名な映画賞

アカデミー賞: 世界最古で最高に権威ある映画賞

第1回目が1929年に開催された世界最古の映画賞です。映画をあまり知らない方でもアカデミー賞といえば映画の賞だとわかるくらい超メジャー。

 

選考はアメリカの映画関係者からなる団体の無記名投票で行われます。

 

選考の特性上、アメリカ政治や歴史、文化をテーマにした映画が選ばれる傾向が強く、必ずしも芸術性や作品の完成度から選出されるわけではないようです。

 

ゴールデングローブ賞: アカデミー賞の前哨戦

ハリウッド外国人映画記者協会の会員によって与えられる映画賞。アカデミー賞の直前に発表があり、アカデミー賞の前哨戦としてアカデミー賞の選考に大きくかかわっています。

ニューヨーク映画批評家協会賞-批評家たちが選ぶ映画賞

アメリカの数ある批評家協会賞の中でも最古で影響力がある映画賞。

 

批評家から選ばれるという特性上、娯楽映画よりも芸術的な映画が選ばれる傾向にあります。

 

アニー賞: アニメ映画の最高峰を決める映画賞

国際アニメーション映画協会の会員によって与えられる映画賞。いわばアニメ版アカデミー賞といえるでしょう。

 

2017年にはピクサースタジオ製作の『リメンバー・ミー』が最多13部門にノミネートされ、そのうちの11部門を受賞しました。

 

ゴールデンラズベリー賞: アカデミー賞授賞式の前夜に”最低”映画を決める映画賞

アカデミー賞授賞式の前夜に”最低”の映画を決める映画賞。

 

アカデミー賞が映画業界人団体による投票で選ばれるのに対してゴールデンラズベリー賞は一般映画ファンによる投票で選ばれます。

 

2017年には最低作品賞に『絵文字の国のジーン』が受賞、最低主演男優賞に『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』で主演を演じたトム・クルーズが受賞しました。

 

ポテト太郎

トム様がまさかの最低主演男優って、、、厳しいなぁ

 

有名な映画祭

カンヌ国際映画祭

フランス南部の都市カンヌで開かれる世界三大映画祭の1つです。

 

メイン部門はコンペティション部門で最高賞はパルム・ドールと呼ばれています。また、新人監督を称える賞も存在します。

 

2018年には日本の是枝裕和監督作品の『万引き家族』が日本人監督作品として21年ぶりにパルム・ドールを受賞したことで話題になりましたね。

 

 

ベルリン国際映画祭

ドイツのベルリンで開催される映画祭。世界三大映画祭の1つ。最高賞はコンペティション部門のゴールデンベアー賞です

 

ポテト太郎

ベルリン市の紋章が熊ということにちなんでるらしいよ

 

冷戦時代に初開催されたということもあり、社会派の作品が選ばれる傾向にあります。

 

2018年にはウェス・アンダーソン監督作品の『犬ヶ島』がシルバー・べアー賞(監督賞)を受賞しました。『犬ヶ島』は全編に本を舞台にしたストップモーションアニメとして記憶に新しいです。

 

東京国際映画祭

 

毎年10月に東京の六本木で開催される映画祭。1985年からの歴史を持ち、2018年で31回目の開催となります。

 

メインのコンペティション部門を筆頭にアジアの未来部門日本映画スプラッシュ部門などが設けられています。

 

特に日本映画スプラッシュ部門は自主制作映画を対象として、監督のキャリアに関係なく独創性とチャレンジ精神のみで評価する部門となっています。

 

CMやポスターに注目してみてください!

映画賞を受賞した場合、ポスターや予告CMなどにはデカデカと情報が載ります。

引用(https://eiga.com/)
引用(https://eiga.com/)
引用(https://eiga.com/)

何の部門で受賞しているのか事前に確認しておくだけでも映画のどこに注目してウォッチしたらいいかある程度わかっちゃいます。

 

例えば主演女優賞を受賞しているのであれば主演女優に注目すればいいし、撮影賞を受賞しているのであれば画の切り取り方やワンカットあたりの長さ、キャラクターの表情をどう撮っているかなどに注目すればより楽しめそうです。

 

ポテト太郎

なんか映画通っぽいでしょ?

 

いかがでしたでしょうか。

 

少しでもお役に立てれれば幸いです。

 


僕は現在、映画から人生に活かせることをメルマガ中心に発信しています。

メルマガ会員限定でカウンセリング、コンサルティングを行いながら
交流イベントを開催していたり
映画好きを集めたオンラインサロンのオーナーとしても活動したり
その傍らで複数メディアの運営なんかもしています。

また、4月から都内のネットラジオ局でラジオパーソナリティとしてレギュラー出演することが決まっています。

映画の鑑賞本数はおそらく1,000本は軽く超えていて
毎日呼吸するように映画を見ており
映画は僕の人生になくてはならない存在です。


そんな僕ですが、
昔は全く生きがいを感じていませんでした。

他人の人生を生き
出来の悪い自分を責め
要領のいい他人と自分を比べ、卑下し
毎日家と会社の往復で
毎日を疲弊しながら過ごしていました。

さらには付き合う相手を間違えて2回も悪徳ビジネスに引っかかりそうになったほど。

そんなどうしようもない僕を救ってくれたのがある一本の映画です。
その映画によって人生を変えたといっても過言ではありません。


映画を観ると多くの学びが得られます。

人生で本当に価値があること
人間力の高め方
自信をつける方法
友達の大切さ


ここに書いたのはほんの一部ですが、人生をより豊かにする方法は全て映画が教えてくれます。


僕のメルマガでは
自分の人生を生きることができていない人や
今を楽しめていない人に向けて
もっと自分らしく生きる方法について発信していいます。
もちろん、映画の素晴らしさとともに。

メルマガ登録はコチラからできます。
ポテト太郎の無料メルマガに登録してみる


このブログのコンセプトは「映画から人生を学ぶ」です。

僕はコンプレックスを解消して自由で行動的な人生を進み出しました。

そのきっかけは全部映画が与えてくれたんです。

もしあなたが悩みを抱えているのであればぜひこのブログを読んでほしいです。
ですが、実際どうやって映画が役つのかイメージしにくい方もいるかもしれません。

なので僕のプロフィールでは実際にどういう映画が人生に役立ったのか紹介しています。


ポテト太郎の物語はコチラから読めます。
二度もネズミ講に引っかかり、人間不信になった男が映画と友人に救われ、復活した物語