詳しいプロフィールはこちら
ドラマ

『キャプテン・フィリップス』が素晴らしい映画だと思った3つのポイント

こんにちは。

小学3年生の時の将来の夢が海賊でしたポテト太郎です。

今回はトム・ハンクス主演のノンフィクション映画についての感想をお伝えしようと思います。

その1:映像から伝わる緊迫感に終始圧倒される

この映画は2009年に実際に起きたマースク・アラバマ号事件を描いています。トム・ハンクス演じるリチャード・フィリップスがこの船の船長としてソマリア海賊にどう立ち向かっていったかを完璧なキャスティングと雰囲気で表現しています。

引用(https://eiga.com/movie/58257/)

脚本のビリー・レイは素晴らしいと思います。

なぜなら脚本の綿密さが作品に現れているからです。

海賊に船が乗っ取られ、フィリップス船長が人質にとらわれ、救出されるまで見ているこっちも気が抜けません。

海賊に大きな船が乗っ取られてしまうのには船員たちの怠慢が原因でもあります。

また、フィリップ船長が人質にとらわれ、救出されるまでにも海賊側の仲間割れや水面下でのやり取りが色々あって救出に至るわけです。

そういう直接な要因ではないにせよじわじわと戦況が覆されていく様子が描かれており、見れば見るほど、本物のような緊張感が味わえます!

そう言った緊迫した現場の雰囲気が伝わってくるような脚本に拍手です👏👏👏

引用(https://eiga.com/movie/58257/)

その2:細部まで細かい

この作品では船側と海賊側と米軍側の3者で要求の出し合いをし、心理合戦が行われるシーンが多く登場します。

敵にバレないように隠語で仲間に情報を伝えたり、誤情報を伝えたりと決死の交渉劇は必見です。

特に船長のフィリップスが海賊を出し抜こうとするところは敵にバレないかハラハラしました。

焦っている感情を抑え、かつ冷静を装うような演技が必要となりますが、この映画のキャストは上手くこなしています。

そういった緊張感を演出するために、撮影にはある工夫がされていました。

襲われるシーンを撮るまで海賊と船員の交流はなかったそうです。

トム・ハンクスは襲われるシーンで始めて海賊側のキャストと対面し、あまりのリアルさに演技に身が入ったと語っています。

その3:海賊のキャスティングが最高

ソマリア海賊役には無名の俳優をキャスティングしたそうです。

ガチの海賊なのでは?と思えるくらい完璧な演技です

海賊をすることで組織の長から褒美をもらうことができる、生きるためには金を持ち帰るしかないという必死さを海賊たちから感じ取ることができます。

引用(https://eiga.com/movie/58257/)

特に海賊側のリーダー、ムセ役のバーカッド・アブディはいい味を出しています。

流れは台本に沿いつつ、セリフなどはアレンジを加えて、より海賊らしさをアピールするという演技を披露したそうで、ポール監督はそれを採用しました。

 

予期せぬところで自然な演技が飛び出すと映画は上手くいくとポール監督は語ります。

脚本、キャスティング、撮影が全ていい部分が組み合わさって、ただの記録ではない凄みのあるノンフィクションになっているのでぜひ見てみてください。

作品情報

原題: Captatin Phillips

ジャンル: ドラマ/ノンフィクション

公開年: 2013年

監督: ポール・グリーングラス

脚本:ビリー・レイ

出演:トム・ハンクス、バーカッド・アブディ

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

ノミネート

  • 最優秀外国作品賞

第86回アカデミー賞(2014年)

ノミネート

  • 作品賞
  • 助演男優賞 バーカッド・アブディ
  • 脚色賞 ビリー・レイ
  • 編集賞 クリストファー・ラウズ
  • 音響編集賞
  • 録音賞

第71回ゴールデングローブ賞(2014年)

ノミネート

  • 最優秀作品賞(ドラマ)
  • 最優秀助演男優賞 バーカッド・アブディ
  • 最優秀監督賞 ポール・グリーングラス
引用(https://eiga.com/movie/58257/)

 


僕は現在、映画から人生に活かせることをメルマガ中心に発信しています。

メルマガ会員限定でカウンセリング、コンサルティングを行いながら
交流イベントを開催していたり
映画好きを集めたオンラインサロンのオーナーとしても活動したり
その傍らで複数メディアの運営なんかもしています。

また、4月から都内のネットラジオ局でラジオパーソナリティとしてレギュラー出演することが決まっています。

映画の鑑賞本数はおそらく1,000本は軽く超えていて
毎日呼吸するように映画を見ており
映画は僕の人生になくてはならない存在です。


そんな僕ですが、
昔は全く生きがいを感じていませんでした。

他人の人生を生き
出来の悪い自分を責め
要領のいい他人と自分を比べ、卑下し
毎日家と会社の往復で
毎日を疲弊しながら過ごしていました。

さらには付き合う相手を間違えて2回も悪徳ビジネスに引っかかりそうになったほど。

そんなどうしようもない僕を救ってくれたのがある一本の映画です。
その映画によって人生を変えたといっても過言ではありません。


映画を観ると多くの学びが得られます。

人生で本当に価値があること
人間力の高め方
自信をつける方法
友達の大切さ


ここに書いたのはほんの一部ですが、人生をより豊かにする方法は全て映画が教えてくれます。


僕のメルマガでは
自分の人生を生きることができていない人や
今を楽しめていない人に向けて
もっと自分らしく生きる方法について発信していいます。
もちろん、映画の素晴らしさとともに。

メルマガ登録はコチラからできます。
ポテト太郎の無料メルマガに登録してみる


このブログのコンセプトは「映画から人生を学ぶ」です。

僕はコンプレックスを解消して自由で行動的な人生を進み出しました。

そのきっかけは全部映画が与えてくれたんです。

もしあなたが悩みを抱えているのであればぜひこのブログを読んでほしいです。
ですが、実際どうやって映画が役つのかイメージしにくい方もいるかもしれません。

なので僕のプロフィールでは実際にどういう映画が人生に役立ったのか紹介しています。


ポテト太郎の物語はコチラから読めます。
二度もネズミ講に引っかかり、人間不信になった男が映画と友人に救われ、復活した物語