詳しいプロフィールはこちら
映画×楽しむ

爆音映画祭体験レポ~果たして本当に爆音なのか率直な感想をお伝え~

どうも。ポテトです。

 

あなたは爆音映画祭ってご存知ですか?

  • 聞いたことあるけど行ったことない
  • 今度行ってみようかなと思っている
  • ぶっちゃけどんだけ爆音なの?

この記事では実際に爆音映画祭に行った僕が感じたことをそのままお届けしています。もしあなたが爆音映画祭に興味があっていこうか迷っているのであれば参考にしていただけたらと思います。

爆音映画祭とは

爆音映画祭とはその名の通り、普段よりも爆音で映画を見ることができるという映画館の試みです。ピカデリーやユナイテッドシネマなど全国の映画館で定期的に行われ、Twitterとかでよく盛り上がっているのを見かけます。

 

そして、やはり映画好きとしては観に行かないわけにはいかないということで早速観に行ってきました。

 

もっと詳しく説明するためにオフシャルサイトの文言を引用させてください。

通常の映画用の音響セッティングではなく、音楽ライヴ用の音響セッティングを振るに使い、大音響の中で映画を見・聴く試みです。その爆音によって視覚までもが変容して映画そのものも違って見える。大音響でなければ聞こえてこない幽かな音を聴くという、大胆かつ繊細な上映となります。

とにかく音がデカいんだろうなというのが伝わってきますね。しかもライヴ用の音響セットを使っているということで重低音バッキバキで映画を見れそう。

 

僕自身、音楽フェスなどにはよく行くので生粋の爆音好きなんです。体が震えるような爆音を体験するべくいざ、新宿ピカデリーまで行ってみることに。

 

当時の爆音映画祭で上映していた作品はこちらの作品です。

引用:http://shinpicca-bakuon.com/

 

この中でも特に爆音で見たいと思ったのが『ラ・ラ・ランド』でした。以前にも映画館で鑑賞したことがある作品でしたが、あの感動をもう一度ということで行ってまいりました。

 

実際どうだったのか、正直に感想をお伝えしようと思います。

どれだけ爆音なのかと期待したが・・・

ぶっちゃけな感想をお伝えしますと爆音映画祭は全然爆音ではありませんでした。

 

体感でいうところの1.3割り増しって感じですかね。2倍くらいの爆音を期待して行ったので正直拍子抜けでした。

 

ラ・ラ・ランドは上映しょっぱなからミュージカルシーンがあるのですが、そこだけ迫力が感じられました。しかしあとは音に慣れてしまったというのもあって終始フツーに映画を見ている感覚でした。

 

体が震えるような音響体験を求めていってしまった僕が悪いのかもしれませんが、ライヴ会場のような迫力とは程遠いです。

爆音映画祭は爆音を聴きに行くところではない

まだ1回しか爆音映画祭を体験していないので何とも言えないですが、爆音を求めて映画を見に行くと期待外れな結果になってしまいます。

 

やはり爆音映画祭では普段映画を見るときには聞き取ることのできない微細な音を感じるというのがより映画を楽しめる見方なんだと思います。

 

さらに今回は映画館での座る位置を誤った気がしました。普段僕は映画館のど真ん中の席をとるのですが、今回もいつものようにど真ん中の席に座りました。

 

普通の映画館って壁にスピーカーが取り付けてあってそこから音を出していると思うのですが、爆音映画祭の場合は通常のスピーカーに加えてスクリーン下に専用のスピーカーのようなものが設置されていました。(詳しくはわかりません。。。)

 

そこから音が出ているため、爆音を演出しているのだと思うのですが、劇場の真ん中の席だと音の大きさが半減してしまったのではないかと感じました。

 

なので普段映画を見に行くときに画面の見やすさを気にしてど真ん中付近の座席を選びがちな方はぜひ前のほうの席を予約することをオススメします。

 

爆音映画祭なので画面の見やすさ以上にいい音を感じられる座席の取り方をしたほうがより楽しめると思いますよ。

 

それから今回は爆音重視でミュージカル映画をチョイスしましたが、ホラー映画とかシリアスな作品の方がより作品に引き込まれるような気がしています。

 

最近映画館で見たクワイエットプレイスとか爆音で見てみたいです(笑)

あわせて読みたい
ホラー映画初心者でも絶対楽しめる『クワイエット・プレイス』どうも。こんにちは。ポテト太郎です。 この記事では今超絶話題のホラー映画、『クワイエットプレイス』についてご紹介します。 つ...

 

静寂の中からいきなり音がするタイプの映画であればより怖さが際立つんじゃないかなぁ。

 

次回はもっと見方を変えて登場人物の息遣いや服の擦れる音とか微かな音を聴くように意識してみてこようと思います。

 

もし爆音映画祭気になっている方がいればぜひ行ってみてください。

 


僕は現在、映画から人生に活かせることをメルマガ中心に発信しています。

メルマガ会員限定でカウンセリング、コンサルティングを行いながら
交流イベントを開催していたり
映画好きを集めたオンラインサロンのオーナーとしても活動したり
その傍らで複数メディアの運営なんかもしています。

また、4月から都内のネットラジオ局でラジオパーソナリティとしてレギュラー出演することが決まっています。

映画の鑑賞本数はおそらく1,000本は軽く超えていて
毎日呼吸するように映画を見ており
映画は僕の人生になくてはならない存在です。


そんな僕ですが、
昔は全く生きがいを感じていませんでした。

他人の人生を生き
出来の悪い自分を責め
要領のいい他人と自分を比べ、卑下し
毎日家と会社の往復で
毎日を疲弊しながら過ごしていました。

さらには付き合う相手を間違えて2回も悪徳ビジネスに引っかかりそうになったほど。

そんなどうしようもない僕を救ってくれたのがある一本の映画です。
その映画によって人生を変えたといっても過言ではありません。


映画を観ると多くの学びが得られます。

人生で本当に価値があること
人間力の高め方
自信をつける方法
友達の大切さ


ここに書いたのはほんの一部ですが、人生をより豊かにする方法は全て映画が教えてくれます。


僕のメルマガでは
自分の人生を生きることができていない人や
今を楽しめていない人に向けて
もっと自分らしく生きる方法について発信していいます。
もちろん、映画の素晴らしさとともに。

メルマガ登録はコチラからできます。
ポテト太郎の無料メルマガに登録してみる


このブログのコンセプトは「映画から人生を学ぶ」です。

僕はコンプレックスを解消して自由で行動的な人生を進み出しました。

そのきっかけは全部映画が与えてくれたんです。

もしあなたが悩みを抱えているのであればぜひこのブログを読んでほしいです。
ですが、実際どうやって映画が役つのかイメージしにくい方もいるかもしれません。

なので僕のプロフィールでは実際にどういう映画が人生に役立ったのか紹介しています。


ポテト太郎の物語はコチラから読めます。
二度もネズミ講に引っかかり、人間不信になった男が映画と友人に救われ、復活した物語