詳しいプロフィールはこちら
オススメ

毎日の時間を大切にしようと思える映画!『アバウトタイム』

どうも。ポテトです。

 

今回は恋愛映画の『アバウトタイム』について紹介していきます。

 

以前、この『アバウトタイム』を紹介しましたが大好きな作品なのでもう一回ご紹介したいと思います。

 

でも前回と全く同じではつまらないので視点を変えて今回は主人公ティムのタイムトラベル能力に注目していきます。

 

恋愛×SF設定の異色なラブロマンス映画ですが、評価はかなり高いです。

 

Googleで『アバウトタイム』で検索するとレビューの高さがすごいことに。

yahoo映画、映画.com共に 4点越え!!

 

もし、まだ見てないという方がいらっしゃったら人生損していますのでこの機会にぜひ見ることをオススメいたします。

 

ちなみに前回の記事はこちらから見れますのでよかったらどうぞ。

あわせて読みたい
彼氏にフラれてつらい。失恋から立ち直るための映画『アバウトタイム』こんにちは。 最近彼女にフラれてしまったポテト太郎です。 失恋って心にぽっかり穴が空いて苦しいものですよね。 最近までラブ...

『アバウトタイム』の一番の魅力って?

映画のタイトルにもあるように『アバウトタイム』(about time)は時間についての話で、人生の限られた時間をどう使うかみたいな話がメチャクチャ魅力的なんです。

 

主人公の青年ティムは一族男子が先祖代々タイムトラベル能力を使えるという事実を21歳の誕生日の時に親父から聞かされます。

 

その方法は薄暗い部屋で目をつぶり、拳を握りながら行きたい過去をイメージするだけ。たったそれだけで行きたい過去に行けてしまうという。しかも何度でもその能力を使うことができちゃうんです。

 

ただ1つだけ欠点があって、それは子供が生まれる前に能力を使って過去を変えてしまうと同じ子供には二度と会えないということです。

 

過去を変えるにも多少のリスクがあるってことですね。この映画の魅力はそのタイムトラベル能力に欠点があり、万能ではないという点にあります。

 

欠点があるからこそ本当に大切なことに気づくことができるし、もっと大切に思うことができるんですね。

もし、タイムトラベルができたら

当たり前ですが、タイムトラベルができたらめちゃくちゃ便利ですよね。

 

僕だったら高校時代に戻ってもう一度、青春をやり直したいですし、フラれた彼女とまた付き合いたいです。

 

あなたもタイムトラベルが使えたらたくさんやり直したいことがあるのではないでしょうか。きっと、世界に生きている誰しもが同じことを思うはずです。

 

ですが、それってつまりは人生に後悔があるってことですよね。

 

もっとあの時こうすれば良かったとかもっとできたなぁみたいな後悔があるからやり直したいって思っちゃうんですよね。

 

これを書いている僕も全く例外ではありません。後悔しまくってます。そういう人たちにとって大切なことを教えてくれる映画こそが『アバウトタイム』なんです!

 

少しだけ昔話にお付き合いください。僕が高校生だった時の話なんですが、人生初のモテ期が到来したんですよ。

 

モテ期って人生に3回しかないっていうので高校時代にモテ期が来るってめちゃくちゃラッキーだと思ってました。

 

今でも昔の友達との間でも伝説なんですが、同時に2人の女性から好意を持ってもらえるというミラクルな出来事が起きたんです。

 

1人は普段から仲が良かったクラスの女の子で、もう1人は学年でもトップクラスに可愛い女の子でした。(ちなみに僕はブス男です。)

 

高2の文化祭の時ですかね。文化祭マジックも相まって僕はとても浮かれてました。もう天狗ですよね。

 

結果的には順番に両方と付き合うことになるのですがあの時はウハウハしてました。

 

しかし、この選択がそもそもクソでした。

 

どっちの女の子も傷つけ、カッコつけるためにツンデレを演出してみたり、メンヘラっぽいことをしてみたり、完全に自分のことしか考えられていませんでした。

 

当たり前ですが、どちらともあまり長くは続かずあっという間に破局、、、もっと自分を見てほしいと焦ったばかりに周りが全く見えてなかったんですね。

 

今でも寝れない夜に思い出して後悔してます。

 

タイムトラベルができるならば過去に戻ってこの勘違いヤローをボッコボコにしてやりたいです。

 

僕もティムの一族に生まれたかった、、、

過去には戻れないからこそ毎日をかみしめよう

とはいえ、いくらもがいたところでタイムトラベルはできませんよね。さらに、この映画のラストではタイムトラベルの能力は必要ないということを伝えています。

 

主人公のティムは後悔を繰り返し、時を戻しまくります。

 

なんのリスクもなく簡単にタイムトラベルができてしまうので、だんだん今という瞬間に重きを置けなくなってしまっているようでした。

 

たしかにタイムトラベルって便利ですがそれはそれで今生きているこの瞬間が何度でも訪れると思って生きてしまうということですよね。

 

それってすごく残念です。

 

みんなに必ず訪れる今という時間に友達、恋人、家族など自分の最愛の人たちと過ごすことができたらそれだけで幸せなことなはずです。

 

この映画は当たり前なことこそ当たり前じゃないということを教えてくれます。

映画好きと語り合える場所欲しくないですか?

映画の紹介と思わず僕の過去も一緒に語ってしまいました。

 

『アバウトタイム』もそうなんですが、映画を見た後に自分の感じたことや印象に残ったシーンを語り合えたらもっと映画って楽しいと思いませんか?

 

映画って人によって感じ方が違ったり解釈の仕方もそれぞれなので映画について語れる場ってそれだけでエンターテイメントなんですよね。

 

今この記事を読んでいるあなたももしかしたら誰かと映画を語りたいけど周りに映画好きがいないとかTwitterやインスタだけでやり取りするのはなんか物足りない。と思っているかもしれません。

 

そんな方々のためにオンラインで映画を語り合えるコミュニティを作りました。

 

その名も『シネマサロン』!!

映画好きな方であれば誰でも歓迎です。
まずはこちらの公式ツイッターにご連絡くださいませ。>>>シネマサロン公式アカウントへDMを送る

 


僕は現在、映画から人生に活かせることをメルマガ中心に発信しています。

メルマガ会員限定でカウンセリング、コンサルティングを行いながら
交流イベントを開催していたり
映画好きを集めたオンラインサロンのオーナーとしても活動したり
その傍らで複数メディアの運営なんかもしています。

また、4月から都内のネットラジオ局でラジオパーソナリティとしてレギュラー出演することが決まっています。

映画の鑑賞本数はおそらく1,000本は軽く超えていて
毎日呼吸するように映画を見ており
映画は僕の人生になくてはならない存在です。


そんな僕ですが、
昔は全く生きがいを感じていませんでした。

他人の人生を生き
出来の悪い自分を責め
要領のいい他人と自分を比べ、卑下し
毎日家と会社の往復で
毎日を疲弊しながら過ごしていました。

さらには付き合う相手を間違えて2回も悪徳ビジネスに引っかかりそうになったほど。

そんなどうしようもない僕を救ってくれたのがある一本の映画です。
その映画によって人生を変えたといっても過言ではありません。


映画を観ると多くの学びが得られます。

人生で本当に価値があること
人間力の高め方
自信をつける方法
友達の大切さ


ここに書いたのはほんの一部ですが、人生をより豊かにする方法は全て映画が教えてくれます。


僕のメルマガでは
自分の人生を生きることができていない人や
今を楽しめていない人に向けて
もっと自分らしく生きる方法について発信していいます。
もちろん、映画の素晴らしさとともに。

メルマガ登録はコチラからできます。
ポテト太郎の無料メルマガに登録してみる


このブログのコンセプトは「映画から人生を学ぶ」です。

僕はコンプレックスを解消して自由で行動的な人生を進み出しました。

そのきっかけは全部映画が与えてくれたんです。

もしあなたが悩みを抱えているのであればぜひこのブログを読んでほしいです。
ですが、実際どうやって映画が役つのかイメージしにくい方もいるかもしれません。

なので僕のプロフィールでは実際にどういう映画が人生に役立ったのか紹介しています。


ポテト太郎の物語はコチラから読めます。
二度もネズミ講に引っかかり、人間不信になった男が映画と友人に救われ、復活した物語